メルクリンミニクラブ

2017.08.13

Osaka Z Day 2017 キックオフミーティング

昨日は、男の隠れ家「Baden谷九」の定例ミーティング。
10月28日(土)に開催予定の「Osaka Z Day 2017」のキックオフミーティングでもありました。

今回は、
特別企画「ヨーロッパの名列車」
特別企画「3Dプリンターとレーザーカッターの活用法」
という2つの企画を準備しております。


20170812
今年はTEE(ヨーロッパ国際特急)の運行開始60周年にあたり、TEE、オリエント急行、ICEなどヨーロッパを駆け抜けてきた名列車をZで走らせるとともに、実車についてもご紹介します。

20170813
また、安く手に入るようになった3DプリンターやレーザーカッターをZゲージでどう活用できるか、実演を含めてご紹介します。
Shapeways等で3Ð出力データが販売されていますが、購入した3D出力のZゲージ車両についても、走行化展示も予定しております。

ミーティング後の納涼会は、石ケ辻町の「こけこっこ」で開催され、焼き鳥と焼酎を堪能し、Osaka Z Days 2017の開催に向けて、気勢を挙げました。


話は前後しますが、阪急百貨店で開催中の「鉄道模型フェスティバル 2017」にも行ってまいりました。

毎回展示されております、阪急梅田駅のジオラマは見ごたえがあります。
江坂にある模型店「エルマートレイン」のヨーロッパ型レイアウトでは、子供達がICEやRailJetを爆走させておりました。
また、ブルートレイン等の寝台列車の模型の展示も工夫がされております。

場外のアートステージではZゲージレイアウトが販売中で、特にオリジナルのレイアウトは、フィギュアもふんだんに使い、作りこまれておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.09

Baden谷九 二代目共同レイアウト終端駅

昨年末より取り掛かってきた、Baden谷九 二代目共同レイアウト終端駅のドームもほぼ目途がついてきました。
おおよそ、半年間を振り返ってのまとめ記事です。

Kib36714共同レイアウトのレールプランはこのように、左側を山岳線とした複線のエンドレスをメインに、左右のフレームのそれぞれ独立したエンドレス。そして、複線エンドレスの接続する3線の終端駅となっています。

Kib36714初代レイアウトの名前の由来となったBaden-Baden駅を小ぶりとしたDreieichen駅を右端の台地の上に配すこととします。

Kib36714キットを素組しました。
2016-12-13

Fal222127プラットホーム上には、Gare de l'Operaで使う予定のFallerのNゲージ用のドームを配します。

Frameホームの場所に合わせて、スパンを2コマ縮めました。
2016-12-13

Bahnhofレイアウトに置いてみますと、ちょうど良い具合の大きさです。
2016-12-17

Frame残りのフレームもサイズ変更します。
2017-01-24

Hale両端と中間、下段のガラス屋根を接着し、どうにか形が整いました。
2017-03-18

Glass残りのガラス屋根は接着剤を使わず仮止め状態ですが、一応のメドがつきました。
2017-04-07

Glaserner_zug10周年記念パーティでは、RZモジュールの上に仮置きして中間駅としてみました。
2017-05-13

Bahnhof組み立てにあたり接着剤がはみだし、ガラスのパーツが汚れてしまったものがあります。

Bahnhofまた、ドーム端のガラス部分のフレームも、ガンダムマーカーで塗ってみましたが、これもまた、塗料が流れて少し汚れてしまいました。

今年のOsaka Z Daysも10月28日に開催することが決まりました。
パーツの交換や研ぎ出しを行って、念入りに仕上げていくこととします。

Bahnhof3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

第9回レールエキスポ京都

月日の経つのは早いもので、今年も半分が過ぎました。

京都市下京区の模型店のショールーム「ホビースクエア京都」で開催される、鉄道模型のイベント「レールエキスポ京都」は、今年で9回目を迎え、去る6月24日25日に開催されました。

昨年のOsaka Z Daysにゲスト参加いただいた、Zファミリーさんのお誘いで、我がBaden谷九が今回参加することとなりました。
Railexpo

Mainななつぼし☆さん作のスイス&ドイツ風レイアウトを中心とした展示です。

Zooメンバーの皆さんのRZモジュールも持ち寄っての出展です。
この動物園h、お子さんに大人気でした。

Xmascake私はクリスマスケーキレイアウトを出展です。
くまどんさんのアドバイスに従い、周囲をコスプレボードというシートを巻き付け生クリームの雰囲気を出してみました。

Bookcase静山さんのブックケースレイアウト

Sthil同じくスチール棚レイアウト

Dragon同じくドラゴンボールモジュール

Zon11番ゲージ(1/32)の貨車の上で、Zゲージ(1/220)の車両が走ります。

動画のほうもご覧ください。


2日間で5000名以上の来場者があったそうです。我々だけのイベントの100倍以上の来場者です。
全ての方に観ていただいたわけではありませんが、多くの人に観ていただいたのは光栄です。
お子さん連れが多かったのですが、男の子だけでなく、女の子も多く、ブックケースレイアウトやクリスマスケースレイアウトのサンタクロースや雪だるまのフィギュア、RZモジュールの静山さんの動物園モジュールの動物たちが人気でした。

来場者の方のお話や、ブログの記事でも、メンバーのレイアウトのシーナリーの作りこみに評価をいただいたようです。

しかし、ゲージが違うことと外国型のためか、ただ見ているだけという方も多かったようにも感じました。


Zゲージへの関心、外国型への関心が低いなか
前者は、Zゲージならではの小ささの比較。レイアウトの省スペース性のアピール。
後者については、、現在走行している列車の走行している列車の紹介や、我々の展示しているレイアウトやモジュールのバックグランド(国や時代)の紹介という、アピールが、今後の課題といえましょう。


Volks会場となったボークスのビルからは京都タワーと東寺の五重塔をバックに走る新幹線や、梅小路駅で入れ替え中の貨物列車を眺めることができます。


Nyakuichi1

Nyakuichi2
また、西大路駅に向かう途中には、平清盛の西八条第にあった若一神社で、茅の輪くぐりの用意がされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.20

Baden谷九10周年記念パーティー

5月13日、男の隠れ家「Baden谷九」が入居する大城ビルにおいて、Baden谷九10周年記念パーティーが開催されました。

Baden谷九は、Zゲージユーザーのかがみさんが開設しているSpur Z Room で声をかけて、関西オフミーティングを2015年9月に京都で開催されたことをきっかけに、参加者のコンさんより、谷町九丁目にある事務所で共同レイアウトの制作を呼び掛けられ、2017年4月にグループ活動を開始しました。
その後、レイアウトの設置場所は2011年8月に上本町の大城ビルに移転、レイアウトも旧レイアウトを2014年4月に売却し、現在では二代目レイアウトを制作中です。

この間、2010年12月の Osaka Z Days に始まり、2016年11月の Osaka Z Days 2016 まで、6回のオープンイベントを開催し、延べ286名の来場者をお迎えいたしました。

10周年記念パーティは、13時に開会。世話人の静山さんの挨拶の後、シャンパンで乾杯。デパ地下で用意した弁当とオードブル等と、参加者が持ち寄ったアルコールをいただきながら、久々の参加メンバーよりは近況報告に始まり、模型談義からあらゆるネタに盛り上がりました。

Album10周年を振り返って、フォトアルバムを作成しましたが、10年間の懐かしい思い出がいっぱい詰まっております。

Ladegutまた、スーベニアとしては、静山さんがレーザー印刷で無蓋貨車に乗せるLadegut(積載物)

Neippergさて、私はまず持込みのアルコールとして、ワイン貨車とそのワイナリーのワインをセットということで、以前にも紹介した、グラーフ・ナイペルグ醸造所の白と赤
白はフルーティなムスカテラー、赤は酸味豊かなレンベルガー。

Glaserner_zug車両のほうは、ガラス電車を持参。TOTOさんの2両とで3両揃い踏みです。
二代目共同レイアウトのために制作中のドームも晴れの日に間に合いました。
Baden谷九独自の規格のRZモジュール・レイアウトに置いてみました。


DCCではありませんが、同じ線路の上を順番に走行します。

ミニトランクレイアウトも持参しました。
ヴュルテンブルクの蒸気機関車がワイン樽貨車を従えて走ります。
このレイアウトを作ろうと思ったきっかけとなったEisenbahn Journalの記事の再現です。

鉄道模型の飲酒運転と、楽しい仲間の歓談に多いに盛り上がり、時間を忘れ、アルコールに記憶を飛ばしと、楽しいひと時でした。


次の20周年も一同健康で迎えたいところです。
それには、液体燃料の摂取を控えねばいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.01

Gare de l'Opera (9) - concours

早いもので、今日から4月。今年も3ヶ月が過ぎてしまいました。
手はほとんど動いておりませんので、もう少し、妄想にお付き合いください。

(6)では、Gare de l'Operaの開業時の設定を記しましたが、今回は、この駅の現在の設定です。

Concoursエクセルで作った構内図です。


南から北に向かってプラットホームは1~4番線です。
 1番線は国際列車
 2・3番線は長距離列車
 4番線は近距離列車
のホームです。

現在はEp.6ですが、Ep.6のフランスの車両は、発売されておりませんので、時代や国籍を跨いで、フランスを走ったZゲージ車両ということで、
 ミストラル Ep.3
 オリエント急行 Ep.3
 DB VT11.5 Ep.4
 ICE3 Ep.5
といったところが乗り入れてます。

先日の仕掛品の記事では挙げませんでしたが、フランス型の車両も計画しております。
それまでは、日本型を含めて、国籍・時代を問わずに楽しめれはと思っています。


さて、駅構内ですが、駅舎の正面1階両翼は、出札窓口、2階両翼は レストランとバーを。
 レストランは L'Oiseau Bleu(ロワゾ・ブルー/青い鳥)
 バーは Étoile du Nord(エトワール・ド・ノール/北極星)
と名付けましょう。

ドームの両翼には、南側から、待合室 トイレ キオスク 両替 鉄道模型店 オリエント急行待合室 
北側は、待合室 コーヒーショップ 薬局 花屋 ブックスタンド ブラッセリー 駅員詰所
というのはどうでしょうか。

先日到着のBahnhoefe - Vorbild und Modellが参考になります。


Le_petit_parisien一昨年の旅行に際して購入したパリの地図を眺めているとメトロ7号線、9号線それぞれホーム東側に出入り口を設けると、ちょうどこの駅の正面になりそうです。
アールヌーボー風のメトロの出入口が良いですね。

正面と南面の出入口には、タクシー乗り場とバス乗り場をどのように設けましょうか。


山ちゃん(千早さん)の終端駅セクションのように、駅内部まで作りこみたいところですが果たして…


自分の技術を棚に上げての、妄想に近いくらいの構想ですが、楽しいひと時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.19

男の隠れ家 - 共同レイアウトの製作

Baden谷九の月例ミーティング。

昨日は、今年で10周年ということで、企画がいろいろと予定されています。

Anlagen

共同レイアウトの製作も進んでおります。
Osaka Z daysの時は、真っ白だった、山岳部も緑や茶色に地肌が塗られたり、
駅の奥の街並みも、地形が整備され、建物も仮置きされてきました。

Bahnhof
駅のほうも、プラットフォームが増設され、ドームとの位置合わせのバッチリです。


Frame

Hale

ドームも、ミーティング後に、残りのスパンを更に組み上げます。
もう一息です。

自分のGare de l'Operaモジュール製作の練習にもなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.25

Gare de l'Opera-(7) - Réseaus

実物だけではなく、模型の世界でも、レファレンスを求めてネットを彷徨っております。


2015年のOsaka Z Daysで、山ちゃん(千早さん)の終端駅セクション
を拝見し、猛烈に自分もターミナル駅を作りたくなり、WEB上で検索しまくりました。


Letrain8そこで、見つけたのがこの1冊
早速、昨年を今頃買い求めました。
Le Trains Les Sopper-Réseaus Tome 8 : Le Paris des années 1930

André Helluin氏による1930年代のモンパルナス駅が、1冊のうち、半分を占めております。


レイアウトのことをフランス語では「Réseaus」と解り、検索も拡がってきました。


ランブイエの博物館にある、1/43のパリ東駅のレイアウト


パリ北西郊外 ラ・フレット= シュル=セーヌで活動しているAARP : Association des Amis du Rail du Parisis
パリ北駅のレイアウトのExpoTrain Goussainville 2015での展示


パリ郊外のセルジー=ポントワーズで開催されたRail Expo 2015 でのNゲージのパリ・リヨン駅のレイアウト
http://franzitrains62.skyrock.com/3273343116-Ma-visite-a-RailExpo-les-27-28-29-novembre-2015-a-Cergy-Pontoise-La.html
http://franzitrains62.skyrock.com/3273343260-Ma-visite-a-RailExpo-les-27-28-29-novembre-2015-a-Cergy-Pontoise-La.html


を検索することができました。
これらのレイアウトは、YouTubeで観ることができます。


こうして、模型の動画や画像を観ていると、早く手を動かしたくなってきました。
あとしばらくの辛抱です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.13

Marklin Z Neuheiten 2017

メルクリン社の2017年新製品が1月12日に発表になりました。

Cover
今年の表紙はBR103のロングキャブモデル

例年のように、カタログからZゲージの新製品を抜粋して紹介しましょう。
2017

80028 Museumswagen-Set Spur Z 2017 Ged. Güterwagen Gl 11 "Sommerfeldt"
80327 Insider-Jahreswagen Spur Z 2017 Ged. Güterwagen Gl 11 "ALAK"
80417 Osterwagen Z 2017
80727 Rungenwagen Kklm 431 DB
81371 Zugpackung schwerer Güterzug BR 44, DB
81451 Zugpackung Bauzug DB Bahnbau BR 233
81699 Zugpackung "Leichter Güterzug" der DB V100.20 DB
82041 Güterwagen-Set der DR bestehend aus 4 Wagen
82189 Wagen-Set Gaskesselwagen EVA und VTG eingestellt bei der DB
82541 Güterwagenset 3 Wagen Eanos-X 052 DB AG
86238 Güterwagenset-Holzverladung
86602 Wagenset "Viehtransport" 2 x ged. Güterwagen G 10
87041 Personenwagen-Set der KPEV bestehend aus 4 Wagen
87530 Zugpackung Nahverkehrszug der DB bestehend aus 4 Stück 4-a Umbauwagen
88001 Museums-Dampflokomotive BR 80 des Museum in Bochum-Dahlhausen
88166 Schienenbus-Motorwagen VT 98
88171 Schienenbus-Steuerwagen VS 98, DB
88195 Elektrolokomotive ES 64 F4
88340 Elektrolokomotive BR 115, DB AG
88803 Dieselhydraulische Mehrzwecklokomotive V 80 DB Epoche III,altrot
88874 Salontriebwagen SVT 137
88955 Tender-Dampflokomotive BR 74 
88957 Dampflokomotive T12 8461
88974 Dampflokomotive BR 043 ölgefeuert mit Schlepptender, DB 
89201 Hunt'sche Großbekohlungsanlage
89759 Vorflutbrücke Eingleisig
89807 Architektur-Bausatz-Set "BW-Ausrüstung" Teil 3
89835 Ringlokschuppen
89983 Drehscheibe mit 8 Gleisanschlüssen

合計29製品、しかも貨車のセットも多く品数は豊富です。
88166 88171のレールバスのリニューアルも気になるところ モーターは新型とか
88955 88957の蒸気機関車はバルブギアが精密化されたもの
88195 ES64F4はMRCE所有のものですが、SBB Cargoなのがちょっとσ(^_^)的には少し残念


英文カタログはこちらから

発売が待ち遠しいところです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

A Happy New Year

新年 あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

Gare de l'Opera (5) - planning

さて、レイアウトのほうもおおまかなプランを考えましょう。

Sideboardレイアウトの設置は模型の展示台を兼ねてリビングのサイドボード内
サイドボード内に収まるレイアウトを作ろうと構想して、10年以上経過しておりますが、全く進展していないのに、更なる計画を立てて良いのか。

Plan44
Raily4というレイアウト作図ソフトを使用します。

RZモジュールに接続することを前提とします。
ロクハンから、ダブルクロスレールが発売されたのは大助かりです。
両面2面4線だと設計は楽ですが…

Plan43
パリ北駅のように駅正面から真っ直ぐに伸びたホームも魅力です。

Plan43l
試行錯誤の繰り返し
ポイント部と駅部を別モジュールにすることでスペースに余裕ができました。
機関車の滞泊所も設けます。
実際には、現物合わせをしながらの線路配置となるでしょうが、まずはこのレイアウトプランで進めます。

3dview
3D化してみましょう。
少しドームの屋根が高い気がしますが、なかなかいい雰囲気です。

今年は結局、プランニングだけで終わってしまいましたが、来年はどれだけ作りあげることができるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧