旅行・地域

2017.04.19

吉野山~青の交響曲

4月9日 日曜日、大阪市西区になるワインバー ヴァン・ソヴァージュの常連さん達と吉野山に行ってまいりました。

当初は、西河から蜻蛉の滝を経て青根ヶ峰まで登るという予定でしたが、お気楽プランに変更。
近鉄特急を吉野駅で降りますと、人人人の状態。ロープウェイも結構な列ですので、七曲りを登ります。

Yoshino01
到着早々、旅館歌藤でお昼を執ります。

Yoshino02
前日からの雨も上がり、下千本は七分咲きということですが、見た目は十分です。

Yoshino03
蔵王堂を経て、吉水神社へ折れたところから、南側北側が開けております。

Yoshino04
もう少し進むと一目千本。中千本は3分咲きということと、桜が枯れたところもあり、ちょっと寂しい千本桜。


Yoshino05
帰路、近鉄電車を望む休憩所からのショット。

ちょっと早めに吉野駅に戻りますと、ホームには既に青の交響曲が入線済。
一同、興奮状態で、鉄ちゃんで無くても鉄分補給。
Yoshino06
Yoshino07

Yoshino08
桜のシーズンは定期運行がないそうで、臨時便と貸切列車のみ
この列車は、18:17発橿原神宮前行ということで、乗客は2組6名に、ビュッフェは通常通り営業という贅沢さ

Yoshino09
まずは、利き酒セット
Yoshino10
そして、ハイボールと売上に協力です。

ワインバーの集まりですので、このままでは帰りません。
電車を乗り継いで近鉄奈良駅まで。

今春、西区から移転オープンしたという、ラ・フォルム ド エテルニテ
久々にフレンチ・ビストロ料理を堪能。
Yoshino11
ワインも美味しくいただきました。

楽しい企画を組みお世話いただいたA嬢に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.02

Bahnhoefe - Vorbild und Modell

Front表紙買いの一冊
週明けにドイツより船便で到着しました。

2829構想中のターミナル駅や谷9の駅製作の参考に丁度いいタイミングの刊行です。

4243駅のコンコースについて詳細な解説や

5253駅ナカのショップ

5455駅ナカのレストラン

6263タクシー乗り場

ここまでで、約3分の1
240ページにわたって、鉄道模型の駅の紹介が続きます。

全てを読んだわけではありませんが、続きの頁も興味深い記事が盛りだくさんです。

模型製作のノウハウはありませんが、実物を交えた記事が満載です。
TMS別冊シーナリーガイドのドイツ語カラー版とでもいう一冊です。

今夜は、少し早めに帰宅して、ウイスキーをチビチビしながら斜め読みしつつ、この記事を買いてます。

日々の仕事が多忙な時期ですが、模型製作の意欲が湧いてきます。
春を迎える頃には、本格的に取りかかりたいですね。

アマゾンでも予約受付中のようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

北びわこ返却回送

今月の仕事も無事やり遂げ、客先に向かう途中で鉄分補給。

先日の大サロの情報を集めた際にSL北びわこ号関係も情報も得ていたので、昨日、米原-木之本間で運行されたSL北びわこ号に使用された12系客車が宮原操車場に返却回送される途中に大阪駅を停車することを知り、大阪環状線ホームに上る。

9919a

9919b

牽引機はトワイライトエクスプレス塗装のEF65-1124。12系客車には、通常塗装のPFが良かったのだが。
また、先日の大サロのほうは、この1124のほうが似合っており、逆のほうが有り難かったかな。

大阪駅を客車列車が停車する機会は、定期列車では全くなくなった今、この北びわこ 送り込み/返却回送は貴重な存在。もう少し、腕を上げてまたリベンジしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島出張

早いもので、今年も残すところ2ヶ月

ブログの更新も、レイアウトの製作も遅々として進まず、Osaka Z Daysに向けての準備も担当しながら、これもまた中断中。

そんな中、忙中閑有 先日の広島出張の折に鉄分補給。

会議は午後からということだあったのですが、早い便で西へ。
EVA 500
山陽新幹線では、エヴァンゲリオン塗装の500系新幹線が運行中とテレビでも紹介されており、それならば途中で迎え撃とうと、あれこれと検討した結果、福山駅がちょうど良いということで、「さくら」を途中下車。
しかし、望遠レンズとマクロレンズを間違えて持ってきてしまい、福山駅進入のカーブを捉えることは叶わず、のぞみの追い抜きシーンとなってしまった。

花電車
広島カープの優勝直後ということもあり、広島電鉄では、花電車を運行中であった。

広島電鉄
広島電鉄では、大阪市電や京都市電の車両が今なお現役ということで、往時の姿を似せて撮れないかと狙ってみたのであったのだが、広島カープ優勝のサボが付けられており、これもまた、狙ったショットを撮れずに終わった。

あなご飯
せっかくの出張、せめて旨い物でもと思い、三越地下の「うえの」であなご釜飯を。駅弁と違って、ふんわり温かくいただくことが出来た。


Ferry
会議の翌日はいろいろと計画を立てていたのだが、前夜は遅くまで流町界隈だったので、チェックアウトは正午となってしまった。
思案の結果、尾道に向かうことにする。

尾道ラーメン
どうやら、尾道ラーメンというのが有名なようだ。

大サロ
この日は、「サロンカーなにわ」が臨時列車で尾道まで運行されるらしいという情報をネットで得ていたので、見物かてら撮影地をロケハン。千光寺への中腹で、天寧寺多宝塔と尾道大橋を背景に尾道らしいスポットを見つけたので、こちらで撮影。しかし望遠レンズを忘れたのが辛い。

桃太郎
大サロが通過したので、帰路についたのだが、その直後、2073レでEF81 721[富]が無動で西に下るダイヤだったようだ。そうとは知らず、牽引機の桃太郎を坂の上からのんびりと撮っていた次第。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.29

Gare de l'Opera (2) - prototype

ヨーロッパには
1986年に、フランス・スイス・ドイツ
昨年、ロンドン・パリ
と2度訪問しました。

ヨーロッパの駅といえば、終端型で大きなドーム屋根に覆われている駅が多くあります。

初訪欧時の
パリ・リヨン駅パリ・リヨン駅

パリ・リヨン駅
フランクフルト中央駅フランクフルト中央駅

ドイツ・フランクフルト中央駅もそうでした。

昨年の
ロンドン・ウォータール駅
ロンドン・ウォータール駅
キングスクロス駅キングスクロス駅
キングスクロス駅
セント・パンクラス駅セント・パンクラス駅
セント・パンクラス駅
ヴィクトリア駅
ヴィクトリア駅

パリ・サン=ラザール駅パリ・サン=ラザール駅

パリ・サン=ラザール駅
パリ北駅パリ北駅
パリ北駅
パリ東駅パリ東駅
パリ東駅
もそういった駅です。

東京駅東京駅

そして日本では、出張の折、度々利用した東京駅。
終端式ではありませんが、オランダ・アムステルダム中央駅をモデルにしたとのことで、赤レンガで造られた駅舎が特徴的です。

これらの記憶をもとに、構想という名の妄想は膨らみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.23

Gare de l'Opera (1) - prologue

月日が経つのは早いですね。今年も、第一四半期を過ぎ、まもなくゴールデンウィーク。

鉄分補給の模様は、液体燃料の補給とともに、Instagramに随時アップしております。

さて、昨年末のOsaka Z Days。山ちゃん(千早さん)の終端駅セクションで、Baden谷九のカレンダー用写真を撮らしていただきました。
Berlinanhalterbahnhof


山ちゃんはブログ「千早巡遊&彩事記」でトリクッスNゲージ用ハンブルク=ダムトーア駅のキット(66140)を改造したレイアウトの製作記を綴っておられてます。

ブログの記事を拝見していると、昨年のヨーロッパ旅行にも想いを馳せ、自分もこのようなレイアウトを作りたいと年明けから妄想の日々を過ごしておりました。

メルクリンZゲージはドイツ型がメインですが、あえて、フランス パリを舞台に。
冒頭の画像のように、オリエント急行やミストラルの似合う駅を目標とします。
駅名を「Gare de l’Opera」と名付けますと、テンションも一段とアップしてきました。

作りかけの作品も山積みですが、妄想を実現に向けてブログに記事を書くことにより自分で自分の背中を押すことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.03

パリ駅巡り⑤ 市内交通編

パリ駅巡り⑤ 市内交通編

ロンドン同様、パリ市内の観光はバス・地下鉄で。
Map


Mobilis

Mobilisという一日乗車券を購入

Bus2

サン・ラザール駅からオペラ座にかけては、バスのメインルート

Bus3

このような連接車体のバスも走っております。

Bus1

コンコルド広場から、42番のバスで、セーヌ川を越えて一般環状道路近くのジョルジュ・ポンピドゥー病院まで

Tram1

2006年から運転開始されたトラム(路面電車)のT3系統
セーヌ川にかかるガリリアーノ橋左岸から乗車します。

Tram2

古い建物が立ち並ぶオルレアン門で途中下車。
T3系統は、昔のパリの城壁に沿った一般環状道路(Boulevards des Maréchaux)を走っており、城壁の門の跡が道路の重要な拠点となっています。

Metro

メトロ(地下鉄)にも乗車してみました。
乗換の地下道は人が少なく寂しいところがありましたが、とにかく、人のいるところに乗車し歩きましたので、問題はありませんでした。

パリのバス・トラム・メトロはパリ交通公団(TATP)の運営で、カラーリングもライトグリーンとホワイトに統一されています。
この2色の車体は、パリの街並みによく映えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ駅巡り④ パリ・東駅

パリ駅巡り④ パリ・東駅

フランス東部やドイツ・ルクセンブルク方面への列車が発着するパリ東駅


Est2

Est1

Est3

Inner

駅舎は1849年の建築


3tgv

3本のTGVが停車中。手前は三代目 TGV Réseau 新色のCarmillon塗装

Cc72100

インターシティを牽引してきた、CC72100型電気機関車がポツンと1両、停泊中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ駅巡り③ パリ・北駅

パリ駅巡り③ パリ・北駅

ロンドン・ブリュッセル・アムステルダムを結ぶ国際列車の発着するパリ北駅
フランス北部への国内列車も発着します。

Nord1

現駅舎は1865年の完成

Nord2

東側にはモダンな駅舎

Inner1

Inner2

Inner3

ユーロスターの乗車手続・出国手続を行う2階のテラスから構内を撮影してみました。

Eurostar

ユーロスターの1番編成はフランス国内のTGVとして運行中

Tvg

初代 TGV Sud-Est

Thalys

ブリュッセル・アムステルダムを結ぶThalys

Tgv_carmillon

Carmillonと呼ばれるTGVの新色

Z24500

Z24500二階建て近郊電車

Bb22300

近郊型客車を牽引してきたBB15000型電気機関車とインターシティを牽引してきたBB22300型電気機関車

Ic

Corail型客車によるインターシティ都市間急行

フランス国鉄だけでなく、ヨーロッパにある鉄道駅の中でも最も利用者の多い駅だけに、多くの列車が絶え間なく発着しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ駅巡り② サン・ラザール駅

パリ駅巡り② サン・ラザール駅

今回の旅行で泊まったホテルは、サン・ラザール駅の近く。
コンビニのMonopirix (モノプリ)や両替所、ショッピングセンターなどがあり、バスや地下鉄のターミナルでもあり、タクシー乗り場もわかり易いので、この駅をベースにパリ市内を巡回いたしました。

Gare_1

Gare_2

サン・ラザール駅は、シェルブールなどフランス北西部へ列車やパリ北西近郊への列車が発着します。

印象派の画家モネによって多くの絵が描かれたことも有名です。

1837年に開業し、パリでは最も古い駅です。

Z6400

Z6400形郊外電車

Z50000

Z50000形新型の郊外電車

Bb27300

BB27300型電気機関車の牽引するVB2N二階建客車列車

V2n_corail_ter_b5

V2N二階建客車列車とCorail TER B5客車列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧