« バイロイト音楽祭 | トップページ | 中之島の精霊流し 2011 »

2011.08.06

新垣隆/佐村河内守 交響曲第1番≪HIROSHIMA≫

今日は原爆忌
原子爆弾の犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

Dome


今年ほど、この日について考えさせられる年はないのではないだろうか。

原子力は「第二のプロメテウスの火」と喩えられることもあるが、この度の東日本大震災による福島原発の事故は、これを収束することが出来るか否かにより、このプロメテウスからの創造物として受入られるか否かに繋がる課題として、我々日本人だけでなく全世界の試練といえよう。


さて、今年話題のディスクの一枚、佐村河内守氏の交響曲第1番≪HIROSHIMA≫
氏が被爆二世・全聾の作曲家という衝撃的な報道を目にする余り、これまで避けてきたが、この日に合わせた訳ではないが、買い求めてみた。

先入観をなるべく差し置き、80分超の大作だが軽く一通り聴いてみる。
「うーん。。。o(゜^ ゜)、いい曲だったなぁ、という充実感」
評論家ぶってはいけないが、
ベートーヴェンとショスタコーヴィチが「宇宙戦艦ヤマト」をテーマにした曲という感じだ。
テーマは重いが、重さに押しつぶされず、明日への希望に繋がる曲だ。

そういえば、「宇宙戦艦ヤマト」は放射能に汚染された地球を救うため、マゼラン星雲まで往復する話だったな。
氏は、「バイオハザード」や「鬼武者」といったゲーム音楽を手掛けてきたそうだ。




アフリリンクだけでは申しわけないので、youtubeに第3楽章がアップロードされていたので紹介しよう。
ぜひ聴いていただきたい。

|

« バイロイト音楽祭 | トップページ | 中之島の精霊流し 2011 »

コメント

ながいことクラシックファンやってるおっさんです。
本当に驚きやした。


現代音楽の掟破り、しかも天才的な技術。


待ってましたよ、佐村河内守のような異端の天才の登場をね。

あっ、僕も慎んで原爆死没者の方々に黙祷します。


しかし一発の爆弾で20万人を殺した・・・・・とんでもなさ過ぎる話しだ。

投稿: おっさん | 2011.08.10 21:40

ブル、マラ、タコの亜流は散々聴いてきたが佐村河内守は超異質。無諧謔の鬱々たる漆黒の闇のと怒りの咆哮が巧みに交錯する。テーマ労作の徹底ぶりもベートーヴェン以降初めてと言える。天才とはこういう人を言うのだと痛感させられた。

投稿: coding | 2011.08.11 22:37

傑作だな…脱帽。

投稿: BAD | 2011.08.12 22:28

非常に優れた曲。

投稿: Mechanic-RJ | 2011.08.14 22:09

皆さん、コメントありがとうございます。
私の拙い説明から皆さんと感動を共感できたことを光栄に思います。

これからも音楽の力を得て精いっぱいやっていこうと思っております。

投稿: kashy | 2011.08.17 21:42

全く知らない作曲家だったが、一聴して全身を電流が貫いた。


私感だが、この独自性と技量は内実が伴った音楽という意味合いを含めれば、完全にマーラーやブルックナーを越えてしまっている。


同世代人のこのような突出した天才的な音楽を聴けようとは夢にも思っていなかっただけに、ただただ感無量である。

投稿: 幸雄 | 2011.08.18 19:06

>幸雄さん

同感です。


時々目にする「マーラーの借用やブルックナーの借用」などといった皮肉には、一体どこを聴いてるのやら、やれやれとため息がでてしまいます。

そういう人は、マーラーは最初から偉大なシンフォニィストだったと愚かな勘違いをしている人でしょう。

マーラーが長きに渡り“模倣の作曲家”として冷笑の的であり続けたことを知らないのですね。

マーラーはバーンスタインに見出だされ、マーラーブームが起こるまで、誰にも相手にされない、誰も知らない作曲家だったことを覚えておきましょう。


ベートーヴェンはモーツァルトを。ブラームスはベートーヴェンを・・・と、みな模倣することから入るのです。


ただしこれらの人の音楽に内実がともなっていたか?
それが圧倒的なものであったかは首を傾げたくなる。

その意味での佐村河内守音楽はどの曲も{無諧謔}というあまりに深い内実性を伴う圧倒的な独自性をもっている。

それこそが佐村河内守の唯一無二の完全個性であると捉えるべきである。


佐村河内守はベートーヴェンさえ越えてしまったと判断しています。

投稿: モリヤン | 2011.08.19 10:46

暗い、暗い、暗い、ここまで闇に覆われた暗い大交響曲は初めてだ。
だからと言って否定してる訳じゃない。

暗い曲&長大好きなオイラは堪らない傑作だ。


緻密なオーケストレーションも超一級品。


あぁ、この漆黒の闘争、堪らないよ。

投稿: トーンクラスター | 2011.08.20 15:47

管理人さま

佐村河内守の交響曲は、劇伴音楽とは掛け離れた歴然たる厳格な交響曲です。

寧ろ映画音楽に近いマーラーなどにみられるセンチメンタリズムは、佐村河内守の交響曲にはほとんどみられません。

音の構築物としての大交響曲です。

毎日聴いていますが全く飽きない。
これが、まさに歴然たる交響曲の証でしょう。


素晴らしい作品です。

投稿: チェレスタ | 2011.08.20 18:15

管理人不在のうちに、皆さん、多くのコメントありがとうございます。

現代音楽とかクラシックとかという枠にとらわれない、素晴らしい作品ですね。
この作品をもっと多くの方に知ってほしいと思っております。

投稿: | 2011.08.22 00:26

今日の午後、NHKで『名曲アルバム』未来に残したい名曲という番組をやっていたあ、この曲こそ、「未来に残したい名曲」だと思う。

投稿: kashy | 2011.08.22 00:39

管理人さま
ホントにその通り!交響曲第1番《HIROSHIMA》は歴史に遺る傑作です。
将に真の天才の作品であります。

投稿: 用品 | 2011.10.17 12:29

あの衝撃から4ヶ月!今度は弦楽曲集が出るとAmazonで知って再び衝撃!何とヴァイオリン音楽の金字塔無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌもあるという!調性の神様、またお願いしますよ〜

投稿: ぽりふぉにー | 2011.11.30 17:14

ぽりふぉにーさん
情報ありがとうございます。

シャコンヌ ~佐村河内守 弦楽作品集
http://www.amazon.co.jp/dp/B0064FF12M/
【演奏】
大谷康子(ヴァイオリン)
藤井一興(ピアノ)
大谷康子弦楽四重奏団
[大谷康子(第1ヴァイオリン)、田尻順(第2ヴァイオリン)、青木篤子(ヴィオラ)、西谷牧人(チェロ)]

【録音】
2011年9月24~26日、武蔵村山市民会館さくらホール

ですね。

年明けが楽しみですね。

投稿: kashy | 2011.12.01 14:05

おとといから発売を開始した佐村河内守弦楽作品集CD発売記念コンサート ハクジュホール(2/29)

全曲演奏(汗)もうSOLD OUTかも・・・・・僕は買えた(^・^)

何たって1/14佐村河内守のシャコンヌ世界初演一曲でサントリー大ホールがあっという間にSOLD OUTですから(スゴス!)


あーサントリーも書いたかったっすorz

投稿: メロウ | 2011.12.29 10:46

現代の天才のシャコンヌ期待大

投稿: APQ#662 | 2012.01.03 23:10

今の世代で誰も書かない、そして書けない音楽を書く佐村河内守。
天才的な音楽を書きながら世界中からバッシングを浴びせられた。
佐村河内守の強靭な反骨精神こそが真の現代精神とは言えまいか。
孤高の作曲家に拍手を送りたい。

投稿: 三雲の空 | 2012.01.04 18:15

メロウさん、 APQ#662さん、三雲の空さん
コメントありがとうございます。

メロウさんはコンサートのチケット入手の由、うらやましいです。
シャコンヌの発売は1/18のようですね。
今から楽しみです。

投稿: kashy | 2012.01.05 15:27

楽壇の佐村河内守潰し工作半端ナス!洩れは孤高の天才にエールを送ってる!腐った現代音楽史を塗り替えられるのは我が国の佐村河内守しかいないんだから。

投稿: CAGE | 2012.01.06 12:56

11/9

NHK総合

夜10時から

情報LIVE ただイマ!

特集 知っていますか?“奇跡の作曲家”佐村河内守


録画予約しますた

投稿: ㎎ | 2012.11.04 19:25

mgさん

情報ありがとうございます。

録画予約できなかったのでワンセグで視聴いたします。

投稿: kashy | 2012.11.09 16:39

佐村河内守の作品について、多くの作品がゴーストライターの新垣隆の作品であることが発覚しました。
実に残念なことです。
しかし、曲に対する印象は今も変わりません。
この交響曲第1番の副題≪HIROSHIMA≫も当初は「現代典礼」だったそうですが、広島とかかわりなく聞いていたとしても、いい曲だと感じたことでしょう。
ただ、強烈なキャッチがなければ手に取ったかはわかりませんが、日本人の作曲家が交響曲と書いたんだということで、興味を抱いたには違いありません。

2枚目のCDに収録されている『ヴァイオリンのためのソナチネ』も良い曲だと思います。
ソチオリンピックに出場する髙橋大輔選手が、ショートプログラムの曲に選んでおりますが、この騒動の影響を受けることなく、活躍されることを期待しましょう。

投稿: kashy | 2014.02.07 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15952/52401515

この記事へのトラックバック一覧です: 新垣隆/佐村河内守 交響曲第1番≪HIROSHIMA≫:

« バイロイト音楽祭 | トップページ | 中之島の精霊流し 2011 »